グルプレスン

 
 

TALK.03坂本 彩華さん

 

PROFILE職業は派遣社員。趣味のアウトドア、ウェイトトレーニングを続けながら、並行して、Pilates Studio DAGOBAHへ。

SESSION月1回のプライベート(個人)セッションに通っている。

page   /   1   2 

葉坂 多壱貴

フィットネスクラブと並行してPilates Studio DAGOBAHに来てくださっているという話しに戻したいと思いますが、それぞれの良さや目的について話をして頂けますか。

 

 

坂本 彩華さん

フィットネスクラブにはストレス発散や重いものを持ち上げた時の達成感を目的にして通っています。ピラティスについては、リラックスや健康のため、美容のためという感じで通っています。身体も心もリラックスするというか、心身共にリラックスするというのはフィットネスクラブでは得られないので。

 

 

葉坂 多壱貴

セッションは治療的な時間もありますが、トレーニングしていく時間もありますよね。ピラティスでのトレーニングとフィットネスクラブでのトレーニングの違いについてはどうですか。

 

 

坂本 彩華さん

断然こちらの方が集中しているというか。達成感とかというのはフィットネスクラブの方が得られるかもしれません。何キロ挙げたとかがある訳ではないので。無になっている訳ではないですけれども、この環境なので、ピラティスでは本当に集中してトレーニングが出来ています。フィットネスクラブだとパーソナルトレーナーの方がいても、大きな音で音楽がかかっていたり、たくさんの人がいたり気が散る要素が沢山あります。こちらはそういうのがないですし、本当にそのことだけに集中できるというか、それでスッキリするというか。上手く言えないんですけれど。

 

 

坂本 彩華さん

ピラティスの専用マシーン、ワンダー・チェアを使ったトレーニング。重力との関係性が仰向けやうつ伏せとは違い、より日常に近くなる中級上級のエクササイズ。坂本さんはセッションを続ける中で、ワークインとワークアウトを高いレベルで、同時に行なえるようになっている。

葉坂 多壱貴

僕とのセッションって、どんなものか、友達や何も知らない人に伝えるとしたら、どのように伝えますか。

 

 

坂本 彩華さん

実はそれで困っているんですけれど。笑。「体幹鍛えるやつやんな」とか言われるんですけれど、ここでのピラティスってそういう他のところのピラティスとは違うじゃないですか。だから今は、「身体の調整をしてもらっているねん」とか答えちゃうんですけれど。

 

 

葉坂 多壱貴

でもそれだと整体とかと似たイメージになってしまうんですよね。

 

 

坂本 彩華さん

そうなんです。だったら、「整体に行ったらええんとちゃうの」と実際に言われたこともあるし。なんでしょうね。笑。人に勧めたいんですけれど、続けているのに、漠然としているというか、やってみないと伝わらないというか。試してみるには安くはないですし。何人かに紹介したんですけれど、うまく伝わらないんですよね。笑

 

 

葉坂 多壱貴

料金の話になったのでお聞きしたいのですが、坂本さんの年収や経済状況は存じ上げないですけれど、坂本さんのご年齢だったりすると、そんなに安くはないじゃないですか。でも、続けてくださっている訳で、価値を感じてくださっている訳ですよね。その辺を話して頂けますか。

 

 

坂本 彩華さん

将来、自分の身体が何がしらか支障をきたす人がほとんどじゃないですか。そのことも考えた投資だと考えると、母親やおばあちゃんの姿を見ていると、身体の正しい使い方を身につけることもできるし、私の年齢でも高くはないのかなと思います。周りの人にビックリされることもあるんですけれど。笑

 

 

葉坂 多壱貴

でも、坂本さんは違いますが、クイックマッサージなどに通っている人も多いじゃないですか。そういうものを行かなくてよくなったりするんで、トータルで見たら経済的にもお得だと言われる方もおられるんですけどね。パッと聞いて、60分1万円だと高く感じる人もおられるんでしょうけれど、内容が内容で僕も集中力や体力をかなり使うので、この金額より安くというのは難しいというのが正直なところなんですよね。

 

 

坂本 彩華さん

わかります。

 

 

坂本 彩華さん

身体の詳細に目を向けながら動くピラティスのトレーニングにおいても、過緊張しない適切に集中した心の状態が求められる。禅的な時間だと感じる人も多い。自然に自分と向き合う時間は、騒がしい現代社会では貴重な時間かもしれない。リラックスされた中での集中したトレーニングの後の坂本さんの素敵な笑顔。

葉坂 多壱貴

フィットネスっぽい質問ですけれど、なりたい身体とか目指している身体とか体型ってありますか。

 

 

坂本 彩華さん

あるんですけれど、近づいているかと聞かれるとそうでもないという感じですね。でも、今がイヤかと言われたらそうでもないという感じに、ピラティスを始めて変わりました。以前は自分が変わりたいとか、今がイヤという感じでしたけれど。

 

 

葉坂 多壱貴

初めてお逢いした時とおっしゃっていることも、変わられた気がします。

 

 

坂本 彩華さん

そういえば、周りから体型とか見た目、実際はお腹も出ているんですけれど、変わったよねと言われます。そういうのも、自信になったというのもあります。デコルテラインを見せる服を着たら、キレイねって言ってもらえたりして嬉しいです。今の自分の身体を知ることができることって、とても大切だと思うんですけれど。洋服を買うよりは、価値があると思うんですけれど。みんなもうちょっと、自分の身体だし、気にしたらいいんじゃないのって。

 

 

葉坂 多壱貴

僕のことやスタジオのことでネガティブなこととか、マイナスな部分を聞くのも変なんですけれど、もしあれば教えてもらえますか。

 

 

坂本 彩華さん

さっきも言ったんですけれど、見透かされているというか、実際にはカウンセリングに行ったこととかないんですけれど、カウンセリングに行く様な気分だったことが最初の頃はありました。笑。

 

 

葉坂 多壱貴

ふとした会話とかなんですかね。

 

 

坂本 彩華さん

身体に触られただけで、「他人に気を遣いやすいんですね」と言われたことがあったり、私の性格や行動を見透かされているような感じでアドバイスされたりしたので。今は全然、大丈夫なんですけれど。笑。

 

 

葉坂 多壱貴

ごめんなさい。謝るのも、変ですけれど。笑。
では、インタビューありがとうございました。笑

 

 

“CONTACT”お問合せ/予約

CONTACT 

PILATES STUDIO DAGOBAH / osaka

ピラティススタジオダゴバOSAKA
大阪府大阪市北区曽根崎1-4-6 新御堂筋ビル7階

 

最寄り駅/
谷町線『東梅田駅』・JR『北新地駅』徒歩5分
御堂筋線『梅田駅』・御堂筋線『淀屋橋駅』・阪急『梅田駅』徒歩10分
地図を見る

DAGOBAH BODYWORKS TOKYO / tokyo

ダゴバボディワークスTOKYO
東京都渋谷区千駄ヶ谷3-13-15北参道トゥアル2階

 

最寄り駅/
副都心線『北参道駅』徒歩1分  山手線『代々木駅』徒歩9分
山手線『原宿駅』徒歩13分
地図を見る